命中不安は当たれば強い(当たるとは言ってない)

ゲームやライブレポなど書きたいことを気ままに書いてます。(レート記事が昔はメインでした)

SM S6最高1951 最終1878 メガガブ×メガバシャスタン 王者の鼓動 今ここに列を成す

 

どーも、初めましての方は初めまして、ルルアリスといいます。

皆さん、ポケモンSMレート、s6お疲れさまでした。s5はリアルの都合で潜れなかったので、今期こそは2000いければなと思いながら頑張りましたが、あと一歩というとこでたどり着けませんでした。

ですが、メガバシャーモメガガブリアスの2メガ構築で自己最高レート1951までいけたので記念に記事にしておこうと思います。

 

f:id:rurualice:20171110194433j:plain

↑最高レート時のPGL順位。(あと少しだったなぁ・・・)

 

順位は落ちてしまったけど、やっぱりガブリアスってシングルレートの王者だと思うということとバシャーモの炎要素から、構築名は、遊戯王5dsのレッド・デーモンズ・ドラゴン召喚時の口上から拝借させていただきましたw

 

それではPT紹介です

f:id:rurualice:20171110194126p:plain

 

【個体解説】選出率はメモってる訳ではないので主観です。

f:id:rurualice:20171110195802p:plain

バシャーモ@メガストーン

いじっぱり/かそく

(メガ前)165-189-91-115-92-121

(メガ後)165-233-101-×-102-141

H76 A252 B4 D12 S164

フレアドライブとびひざげり、まもる、雷P

A特化/メガ後1加速で最速メガライボルト+6/2加速で準速砂掻きドリュウズ抜き

 

前世代からいた個体をそのまま流用した個体。元々は剣舞を入れて使うやつだったはず・・。

タイプ一致のフレドラと膝は言わずもがな強かった。雷Pは交代読みのレヒレにたたき込むことが出来たり、膝を恐れてメガしないギャラを葬りさることもあり、割と有用な技でした。

しかし、ヤドランやドヒドといった物理耐久が高い水や、マンダに対するウエポンがなく対面すると引かざるを得ないといったことがあり、要検討枠ではあるなと思いました。

個人的には、マンダ、ランド意識のめざ氷か膝まもるゲーを抜けれる地震、コンセプトの元にあるクレセなどを無理矢理突破する剣舞もありだなと思います。

 

耐久に多少回しているため、微妙に耐えることが多く助けられたことが時たまありましたが、最速サイキネZ樹木に抜かれたり、ギャラが1舞してたら後投げしても2連マモルを通さないといけなく、正直ASぶっぱのほうが強いと思います。

ステロとの相性が良く、確かに通せば勝てるポケモンではあったが、ストップをかけられたときに後続が致命傷を負うことがあり、高レートにいけばいくほど出せなくなっていった印象が強いです。

 特性、火力面でエースになるのは分かるが、体力管理や膝外しなども踏まえると割と不安定な勝負をしてしまうポケモンなんだなと認識を改める機会になった。

 選出率は序盤は3位 終盤は5位

 

 

f:id:rurualice:20171110195809p:plain

 ガブリアス@メガストーン
いじっぱり/さめはだ→すなのちから
(メガ前)215-176-116-x-113-137
(メガ後)215-220-136-×-123-127

H252  A76 B4 D60 S116

げきりん、じしん、ほのおのきば、剣舞

HDテテフのムンフォ確定耐え
A  剣舞地震でH252メガガルを97%~115%の高乱一発。

   剣舞すなのちから地震で物理特化カバは確2

Sメガ前 最速72族抜き

 メガ後 最速61族抜き抜き抜き 

 

 本構築の真打ちであり、19チャレを一発で決めた主人公。

元々は素バシャの加速バトンから降臨する予定だったので2加速で最速スカガブ抜きをしつつ、耐久面を確保した調整となっています。しかし、加速バトンしていくなら、3縦を狙いたいと考えたが、火力が剣舞がないと物足りないことやバトン後に削られ、つぶてで流されるなどの事件が多かったためバトンは断念しました。

しかし、球コケコのめざ氷を耐えたり、HBトレースポリ2の冷Bを耐えたりと、通常のガブでは落ちる技を耐えることが出来るため対面での強さはかなり高いと思ったことと環境にカバ、バンギが増えたことから死に特性、砂の力を発動させる機会があるのではないかという考えから続投してもらいました。

カバリザが相手の際はリザに対して投げると襷かスカーフを警戒されるため、後ろから第7の仲間カバルドンによって特性を発動する権利を獲得できました。

この際に剣舞しておくと相手に負荷をかける事が可能となっており、相手方はドラゴンZを読んでレヒレなどに引くこともあったりしましたが、地震連打してるだけでポリ2とかが来ても割と何とかなりました。HB特化レヒレでもステロ込みなら、砂の力地震でほぼ落ちます。相手目線ではリザは絶対に突っ張れないし、後投げ出来ないので積極的にリザ以外の裏を崩す枠になっていた印象です。

カバなどがいなくなっても砂状態なら火力あがるので剣舞しなくても、砂のちから地震で後続に負荷をかける事が多かったです。

また、このポケモンは基本的には受けルを崩す役割をもっており、グライオンはちょっと厳しかったが、ラキドヒドムドー、ブルドヒドドラン やギルガルドに対しては有利対面で積めば基本的に負けませんでした。

 メガは鮫肌がなくなることもあるので、無暗にしないように心がけ、襷、スカーフ、Zと思わせることで、ここぞというときにして、超火力をたたき込みましょう(笑)

選出率 序盤6位 終盤4位

 
【追記:メガガブの技について】
特性とタイプ一致から、じしん確定、出される鋼枠の安定打点から炎の牙も確定。受けル対策も兼ねると剣舞も必須かと思います。
炎枠は、接触を嫌う場合や、剣舞積むのが不安な方は文字にしてムドーなどを焼きましょう。いちおうc120あるので無振りでも鋼には打てるはずです。なお、技外し率が上がる模様
 
メガガブの技としては、火力的には欲しいんですが逆鱗がドラクロか砂の力の補正が乗る鋼か岩技を採用しても良いのかなと思いました。
ただ、ステロがない場合、無振りのレボルトを逆鱗なら確1、ドラクロなら8割くらいというラインなのでステロ、剣舞なしで対面した時に勝てるかどうかにつながってしまいます。砂の力込みなら岩雪崩から確1、砂の力がないなら8割くらいですがSライン上怯みを狙うのは他ポケでも難しいかと思います。なので、一撃で仕留めつつ、裏に負荷がかかるエッジを採用するか、スカーフじゃない読み岩石封じで勝ちにいくのが正解と思います。
他にも剣舞ドラクロだとラッキーに対して6~7割ほど、逆鱗なら9割以上。
HB特化モロバレルに対して剣舞逆鱗で確1にぴったりなります。剣舞地震に関しては84%以上なのでステロか砂の力込みで確1です。
以上の通り、逆鱗であること自体は結構理にかなってるダメージラインなんですよね。
ただ、マンダやランドのような浮いてるポケとフェアリーが来たときに起点にならないことを考えるとドラクロもなくはないのかなと思います。特性発動前提なら、岩技も両方に打点になるという点ではだいぶありなんですが、威嚇を捲かれて火力は落とされ、特性がない場合は命中不安と火力不足に陥るのではないかなと思うところです。

 

 

 f:id:rurualice:20170118000429p:plain

ギルガルドぼうじんゴーグル 

ひかえめ/バトルスイッチ

シャドボ、キンシ、めざ氷、かげうち
(シールド)167(252)-59-170-112(252)-171(4)-80

(ブレード)167(252)-153-70-222(252)-71(4)-80

特に今更言うことはない、安定と信頼のじゃんけんポケモン

テテフやグロスを安定して見たいことやパルシェンなどに対しても強いため採用しました。

めざ氷を持たせることで、マンダやランドを落とすことが可能にはなっており甘えた行動は許さないようになっているが、聖剣がないことでガルーラやラッキーに何も出来ないことやドランは無理といった弱さもあったので、聖剣があればなという場面も多かったです。

PT全体としてガッサなどの胞子が刺さっていたので、ゴーグルをもたせることでガッサを確実に襷まで持って行くようにしていました。ガッサからガルドに対して有効打はないが、催眠ターンで裏から積みポケがくると不味かったのでゴーグル自体は読まれず良かったとは思います。

ただ、Zや弱保のほうが凶悪な火力してるので、あくまでピンポ枠で胞子勢がいるときの特攻役でした。

選出率 序盤4位 終盤6位

 

f:id:rurualice:20171110195817p:plain

ウツロイド@襷

 おくびょう/ビーストブースト

 185(4)-x-67-179(252)-151-170(252)

ステロ、パワージェム、めざ氷、ヘドロウェーブ

CSぶっぱのリザ、ガモス対策枠。襷を持つことで初手からステロを捲いていくのが基本。テテフと初手対面した際にはヘドウェから入りスカーフなら落ちる場合もあり、襷などの場合はヘドウェ→ステロの順で後ろにいるリザ、マンダ、ギャラ、ボルトなどに負荷をかけることを優先するほうが強かったです。めざ氷はガブ、グライ、ランドに打つことが多く、すんなり倒してブーストからの勝ちみたいな試合もしばしば。

ステロを巻けば、リザに関してはバシャやポリ2などで簡単に倒せるようになったり、ギャラに対してもステロが入れば、威嚇されたメガバシャの雷Pでもっていくという事が可能になっており重要でした。

受けルに対してはこいつから入り、ステロを捲くことからはじめ、受けに来たラッキーなどの物理受けにガブを投げて剣舞していけば後続のムドーに対しても頑丈をつぶした状態でほのおの牙を通して勝ちといったことが基本的な勝ち筋になっていました。

ただ、対面的にはガルド、ナットに対しては何も出来ないので注意が必要でした。

バシャ交換ならナットは交換読み決めてゴリ押し、ガルドはキンシ択ゲーをする。

ガブ交換ならナットはどーせ倒されないので舞ってナット流してからも負荷かけて、ガルドならキンシ読みで舞って勝ちみたいな感じを決めていました。

正直、現環境ではウツロイドはかなり強かったと思います。

選出率 2位

 

f:id:rurualice:20171110195755p:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

ずぶとい/アナライズ

イカサマ、れいB、10万、じこさいせい

 語ることはないレベルで知られてる化け物耐久ポケモン。対ミミッキュ、マンダ、ランド、時たまギャラ枠。

ミミッキュに対しては、初手れいBでワンちゃん氷ねらいつつ皮を崩し、剣舞してきたらたいていのミミッキュはアナライズイカサマで確1なので対面では基本勝てる。剣舞Zも耐えるので雑に使えるのは強かったです。10万の枠は放電が元々入っていたが、麻痺よりもレヒレに対してダメがほしいことが多かったので変更しました。ただ、毒にはものすごく弱かったり、上からひるみゲーされて突破されることも多いので、それは分かった上で使わないといけませんでした。特にレートが上がってくると毒まも系のポケモンが多く、しんどい立ち回りをさせられてサイクル負けすることがありました。

相手のルカリオバシャーモに対しては起点になるポケモンなので、出しても、そいつらを常に意識することが負けないようにするポイントだったと思います。

選出率1位

 

f:id:rurualice:20171110195813p:plain

ロトム@水Z

ずぶとい/ふゆう

157(252)-x-159(120)-144(130)-130(4)-109(4)

ハイドロポンプ、ボルチェン、10万、どくどく

調整はたぶんどっかの記事のやつを見てきたと思うんですけど、思い出せませんでした・・。

構築の中で最後に入ってきた枠で最終日の前日に加入してきましたw

元々はバトンだったことからカグヤが入っていましたが、相手の電気が一貫することで解雇され、カバリザに安定して強い枠がほしかったのでメガネアシレ、草Zゲッコウガと経由しましたが、前述の通り電気にワンパンされるのは良くないということや、マンムーが重いことやじしん透かし枠として採用された。クレセの突破手段が乏しいことや起点になるのを回避するためにどくどくを採用し、誤魔化し性能をあげました。

水Zをもつことで足りない火力を補いつつ、外さないという安心感は非常に使いやすかったです。

カバリザテテフのように出されたときは前述の通りの動き方をしてロイドきるか、カバの地震透かせば水Zがカバかリザに入ることが多くイージーウィンを何度も決めてくれました。

この個体はもともとオボンで使っていた個体なので、バシャの膝やリザXのげきりんは耐えるようになっています。

1800から1951まで安定して戦えるようにしてくれた最終兵器でした。

加入が遅かったこともあるが、終盤は選出率3位


【選出について】

 ウツロポリ2バシャ           基本
ウツロガブ ミトムorバシャ       受けル
ウツロバシャミトム           ゴーリ
ウツロポリガブ             ドヒドマンダみたいなやつ
ウツロポリ2ミトムorウツロガブミトム  カバリザグロス的なやつ

イーブイバトン            無理w

 

【厳しかったポケモン

メガボーマンダ

氷技をこれだけ仕込んでも、メガガブは対面なら勝てるが素早さ負け、バシャに関しては何も出来ないので厳しい。

ポリ2で処理したいが、やどりぎや毒などがサイクル下で入るとごり押しを決められやすかった。ガルドのめざ氷が以外に決まったが、選出率から分かる通り出していないことが多い。

グライオン

素早さが早く、どくみがまもを決められると、ほぼ負け。ギロチンの突破などもあり、隙がない。処理方法としてはウツロのめざ氷かステロ展開からバシャを通す、ミトムのZをタイミング良く当てるといったとこだがサイクルを回されるときつい

メガフシギバナ

やどりぎ、こうごうせいなどの回復で粘られるとしんどい。出てくる前に積んでしまうか複数回ダメージをいれてごり押しを決めないと厳しい。

バルジーナ

どくどく、積み技対策のイカサマが協力。ステロ+バシャでは押し負けるのでミトムかウツロイドで処理しないと確実に負けが見えてくる。

 カプ・レヒレ

ほぼ100%出てくる枠で瞑想を積ませると負けにつながりやすい。半分回復木の実は意識して立ち回るのが重要。レヒレがいると状態異常が入らないので氷ワンちゃんなどもなくなるので厳しい。

イーブイバトン用のエルフーン

おきみやげを回避する手段がなく、バトンがほぼ決まり、3縦の道が切り開かれるw

 

【最後に】

s6のメガガブxメガバシャスタンはこんな感じの構築でした~。

元々はバトンバシャを最終日の一週間前に初めて、バシャがメガになったのが4日前で、ミトムが入ったのが前日とかいうとんでもない短いスパンで作られた構築でしたが、割と完成度が高いものではないかと思います。

そもそも1900台でメガガブと出会うことって普通ないだろうし、自分も相手も楽しめる構築だったなと思いますw

 

 

ホントに長文でしたが読んでくださった方はありがとうございました。

USUMが出てから、レート環境がどうなるか楽しみですね。

それでは、今回はこの辺で~

 

何か質問などが

ルルアリス (@gurguru8929) | Twitter

ある方はにリプください